一般対象イベント
ワークショップ
「産業用大型X線CT装置導入に関する戦略 中間とりまめ」

一般の方々から専門分野の方々までの参加が可能なワークショップです。
下記要領にて開催されます。みなさま奮ってご参加ください。

本プログラムは、終了しました。

タイトルワークショップ「産業用大型X線CT装置導入に関する戦略 中間とりまめ」
日 時2018年10月5日(金) 14:00 ~ 17:00 交流会 17:15 ~
場 所中央大学 駿河台記念館 280号室
プログラム
① 14:00~14:10 主催者挨拶
研究産業・産業技術振興協会 専務理事 獅山有邦
② 14:10~14:25 挨拶
「挨拶および最近の政策動向について」
経済産業省 産業技術環境局 研究開発課 課長 平井淳生
③ 14:25~14:55 講演
「X線CTで進化するデジタルエンジニアリング」
東京大学 大学院工学系研究科 精密工学専攻 教授 鈴木 宏正
④ 14:55~15:55 招待講演
「Fraunhofer EZRT-XXL-CT, a new scale of Computed Tomography with stunning imaging capabilities」
Michael Salamon 様, Fraunhofer IIS EZRT, Germany
⑤ 15:55~16:10 報告講演1
「大型X線CT装置のユーザー要求調査について」
研究産業・産業技術振興協会 特任研究員 高橋俊昭
⑥ 16:10~16:25 報告講演2
「大型ガントリーX線CTの基本設計について」
産業技術総合研究所 計量標準総合センター工学計測標準研究部門 部門長 高辻 利之
⑦ 16:25~16:40 報告講演3
「想定される運営体制について」
日本自動車研究所 理事 中野 節
⑧ 16:40~16:55 質疑応答

*講師・プログラムなど変更することがあります。
参加費 ワークショップ 無料、
交流会 5,000円
お申し込み 参加申込書に必要事項をご記入の上、お申込みください。

ワークショップ参加申込書 ダウンロード( 19.9KB)

ワークショップ参加申込書 送り先
FAX:03‐5684‐6340
E-Mail: jria1@jria.or.jp
一般社団法人 研究産業・産業技術振興協会 企画交流部 松田

〆切:9月28日
共催 機械システム振興協会、精密工学会 現物融合型エンジニアリング 専門委員
後援 経済産業省 産業技術環境局(調整中) 産業技術総合研究所 工学計測標準研究部門 日本自動車工業会 日本自動車部品工業会等 関連団体
資 料WS案内( 507KB)


この事業は、競輪の補助を受けて実施しました。
http://hojo.keirin-autorace.or.jp/