一般社団法人 研究産業・産業技術振興協会は、業種横断的な委員会活動や情報交換を通じて、研究産業及び産業技術の振興に貢献します。


第14回日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)シンポジウム
―変貌するグライコサイエンス:未来への橋渡しと社会貢献―

糖鎖研究と他領域融合の場を求める日本糖鎖科学コンソーシアム(JCGG)シンポジウムが
下記要領にて開催されます。
アカデミア、産業界、行政等分野を問わず、みなさま奮ってご参加ください。

本プログラムは、終了しました。

テーマ―変貌するグライコサイエンス:未来への橋渡しと社会貢献―
日 時平成28年11月1日(火)、2日(水)
場 所御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 2Fソラシティーホール
主な講演
(敬称略)
11月1日(火)
~創薬研究における糖鎖技術の有用性(創薬と再生医療)~
基調講演:末松 誠(AMED)
特別講演:Nico Callewaert(ゲント大、ベルギー)
セッション1:国立研究開発法人における糖鎖先端研究
セッション2:AMEDで展開する糖鎖関連研究と橋渡し
山川民夫賞受賞講演:Markus Aebi (ETH)

11月2日(水)
~糖質・多糖研究における新たな展開(異分野融合と地域創生)~
特別講演:清野 宏(東大)
特別講演:John Magnani (GlycoMimetics)
特別企画:大変革期の科学技術政策:倉持隆雄(CRDS)
セッション3 マテリアルサイエンスにおける多糖の潜在力
セッション4 食としての糖質と地域創生
参加費 一般 2千円、
学生 無料
お申し込み シンポジウムの詳細、参加申し込みは下記のJCGGサイトよりお願いします。
シンポジウムの詳細: http://www.jcgg.jp/02/symposium14.html
参加申し込み: http://www.jcgg.jp/order2016/order.html
申込締切: 先着順(定数に達しましたら締切とさせていただきます)
お問い合わせ先 第14回糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム事務局 吉田 圭一
理化学研究所・グローバル研究クラスタ
システム糖鎖生物学研究グループ、JCGG事務局
〒351-0198 埼玉県和光市広沢2-1
Tel: 048-467-9613、Fax:048-462-4692
E-mail: yoshida.jcgg@riken.jp
資 料第14回日本糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム ポスター( PDF 1.45MB)