一般社団法人 研究産業・産業技術振興協会は、業種横断的な委員会活動や情報交換を通じて、研究産業及び産業技術の振興に貢献します。
産業研究協会世界連合(W-FIRA)

平成25年5月に、米国ワシントンにおいて、異業種による産業イノベーションの交流活動を行う世界の類似機関、米国(IRI)、欧州(EIRMA)、 オーストラリア(AIRG)、韓国(KOITA)、ブラジル(ANPEI)と連携し、産業研究協会世界連合を発足させました。これにより、これら機関の会合にも参加できるため、 国際的な人的ネットワーク形成がし易くなりました。



オーストラリア産業研究グループ

ブラジル革新的企業研究開発協会

ヨーロッパ産業研究マネジメント協会


産業研究協会世界連合
World Federation of Industrial
Research Association
(W-FIRA)

米国産業研究所

韓國産業技術振興協會



欧州との連携について
社団法人 研究産業・産業技術振興協会と欧州産業研究マネジメント協会(EIRMA)は、MOUに基づく連携を致しました。

欧州産業研究マネジメント協会 EIRMA とは
European Industrial Research Management Associationの略称であり、1966年にOECDの勧奨・支援を受けて、 欧州の産業におけるグローバルな研究開発マネジメントとイノベーションに関して、異業種間で議論する場として、 32の会員企業を集め、非営利団体として発足した団体です。
主な活動テーマは、イノベーション・プロセス、人材・知識マネジメント、研究開発資産マネジメント、事業戦略・市場とのリンク、 イノベーションのための公的制度であり、プログラム企画委員会があり、年度ごとにプログラム内容案を検討し作成しています。

連携によるメリット
両協会及びその会員からの要望により日欧間のミッション派遣に対して、各協会は企業や関係機関会合を設定することができます。
スポット的に両協会の会員が、互いの独自イベントに、通常の会員登録料で参加が可能です。
両協会のウェブイサイト上で、互いの協会のウェブサイトへのリンクを貼ります。

産業研究協会世界連合についてのお問い合わせはこちらから…